芳原世幸(KADOKAWA元専務)の経歴や高校大学は?前職はリクルート編集長?

東京オリンピックを巡る贈収賄事件で、出版大手「KADOKAWA」の元専務の芳原世幸氏が贈賄の疑いで逮捕されました。

そこで今回は、芳原世幸氏の経歴や高校・大学などの学歴、そして前職はリクルート編集長だったのか調査しました。

目次

芳原世幸のプロフィール

  • 名前:芳原世幸(よしはら としゆき)
  • 生年月日:1957年12月4日
  • 年齢:64歳
  • 出身地:東京都港区

芳原世幸氏は、東京都港区生まれの64歳です。

芳原世幸の出身高校・大学

芳原世幸氏の出身高校は、慶應義塾高等学校です。

偏差値:76

慶應義塾高等学校は、神奈川県横浜市にある、福沢諭吉が創立した私立の男子校です。

偏差値は「76」であり、超難関校として知られ神奈川県内の公立市立の偏差値ランキングではトップの進学校です。

卒業後は9割以上の生徒が慶應義塾大学へ推薦され、進学します。

同校出身の主な有名人は次のとおりです。

  • ミッツ・マングローブ(タレント)
  • 榎並大二郎(アナウンサー)
  • 加山雄三(歌手・俳優)
  • 河野太郎(衆議院議員)
  • 岸信夫(衆議院議員)
  • 戸張捷(ゴルフキャスター)

その他多くの有名人や著名人が輩出されています。

出身大学は慶応義塾大学です。

偏差値:71~84(学部によって違います)

芳原世幸の経歴

芳原世幸氏の主な経歴は次のとおりです。

  • 1980年4月:株式会社日本リクルートセンター入社
  • 1999年6月:株式会社メディアファクトリー取締役
  • 2001年1月:株式会社メディアファクトリー代表取締役社長
  • 2013年4月:株式会社角川グループホールディングス事業統括本部副統括本部長
  • 2015年4月:株式会社KADOKAWA常務執行役員
  • 2015年6月:株式会社KADOKAWA取締役専務執行役員
  • 2017年6月:株式会社角川アスキー総合研究所代表取締役社長
  • 2018年6月:カドカワ株式会社取締役
  • 2019年4月:株式会社KADOKAWA取締役専務執行役員IPEx事業本部長

前職はリクルート編集長!

芳原世幸氏は、大学卒業後にリクルートに入社します。

その後、以下のような雑誌の編集長などを歴任した後、メディアファクトリー社長を歴任します。

  • 車雑誌「カーセンサー」の創刊
  • 海外旅行情報誌『エイビーロード』
  • 結婚情報誌『ゼクシィ』
  • 本の情報誌『ダ・ヴィンチ』
  • 音楽情報誌『ザッピイ』
  • 暮らし応援マガジン『コレカラ』

東京五輪・パラリンピック汚職事件とは

発表などによると、高橋元理事と深見代表は芳原元専務らから、大会スポンサーに選ばれるように便宜を図ってほしいと依頼を受けた。そのうえで、2019年7月~21年1月、コモンズ2に10回に分けて計約7600万円を振り込ませ、理事の職務に関して賄賂を受け取った疑いがあるという。

引用元:朝日新聞DIGITAL

関連記事はコチラ

芳原世幸の経歴まとめ

今回は、芳原世幸氏の経歴や高校・大学などの学歴、そして前職はリクルート編集長だったのか調査しました。

芳原世幸氏は、慶應義塾高等学校から慶応大学を経て、リクルートに入社します。

リクルートでは、各雑誌の編集長などを歴任し、その後、株式会社メディアファクトリー取締役・社長へと就任します。

2013年からは、角川グループでの要職に就いています。

目次
閉じる