ヴィヴィアンウエストウッドの死因は何?持病の有無や通院も調査!

パンクファッションの生みの親として知られる、イギリスのファッションデザイナー・ヴィヴィアン・ウエストウッドさんが亡くなったことが報じられました。

そこで今回は、ヴィヴィアンウエストウッドさんの死因は何だったのか、持病の有無や通院についても調査しました。

目次

ヴィヴィアンウエストウッドの死因は何?

ウエストウッドさんのブランドは、ツイッターの公式アカウントで、ロンドン南部クラパムで家族に囲まれながら安らかに息を引き取ったと発表していますが、死因については報じられていません。

気候的には寒さで血圧が高くなりがちですが、ヒートショックなども起こる可能性も考えられますね。

高齢になると、寒暖の差が体調にも大きく左右されるでしょう。

ウエストウッドさんは、81歳という高齢や家族に囲まれながら息を引き取っていることから、老衰による可能性もありますね。

今後新たな情報が入り次第、追記していきたいと思います。

ヴィヴィアンウエストウッドの持病の有無や通院は?

ヴィヴィアンウエストウッドさんに関して、持病を持っているとか通院しているという情報はありませんでした。

積極的にデモに参加し先頭に立ったり 当時のキャメロン首相の家に戦車で抗議しに行ったなど、反体制の精神や価値観を持ち続けた人だったようです。

ウエストウッドさんの夫でデザイナーのアンドレアス・クロンターラーさんは、「私たちは最後まで仕事を続けた。妻は私が続けられるものを多く残してくれた。ありがとう、いとしい人よ」とPA通信に対しコメントしています。

みんなの声は

ヴィヴィアンウエストウッドさんのブランドに対して、多くの人が感謝の意を示しています。

・ヴィヴィアンのカーディガンは胸元のオーブ刺繍に心ときめき、ウエストがシェイプされ、丈は短くてとてもスタイル良く見えて大好きでした。

・短大時代から大好きでよく着てました。
それで卒業旅行はロンドンへ。友達とお店にも通いワクワクした2週間を過ごしたのを思い出します。今は愛犬の、名前にもヴィヴィアン。素敵な思い出をくださったことに感謝してます。

・一番好きなブランドです。そして生き様がとても魅力的な方でした。

引用元:Yahoo!コメント
目次
閉じる