香川照之が子役時代の井之脇海を殴ったのは本当?児童虐待の疑いを調査!

香川照之さんが、過去の共演者への行動についても波紋を呼んでおり、ドヤ顔で子役を殴ったという。

そこで今回は、香川照之が子役時代の井之脇海さんを殴ったのは本当なのか、児童虐待の疑いについても調査しました。

目次

子役時代の井之脇海の画像

子役時代の井之脇海さんはどんな子だったのでしょうか。

https://twitter.com/notfspurejam/status/1036946902284087298

見た目にも素直そうで可愛いですね。

トウキョウソナタに出演していた頃の井之脇海さんの年齢は12歳だったそうです。

香川照之さんや小泉今日子さんらと共演していました。

香川照之が子役時代の井之脇海を殴った?

児童虐待の疑いは?

香川照之さんは、自身が主演した「トウキョウソナタ」で、共演した当時子役だった井之脇海さんを『バチコーン! とぶん殴った』と告白しています。

さらにドヤ顔で、「泣いていてかわいそうだったが、これが役者だぞ!と植え付けた」と語っていました。

平然と自慢話のように語っていますが、これってパワハラではないのでしょうか。

これを告白したのは、別の番組の制作発表の場で、井之脇海さんも同席していたようです。

そして最後に、「平成最後にやっておきたいことは、井之脇くんにごめんなさいと謝ること!」と話して頭を下げています。

井之脇海は香川照之をどう思っている?

井之脇海さんは、当時の香川照之さんに対しどのように思っているのでしょうか。

井之脇さんは、12歳で出演した1本の映画が人生を変えたと話しており、その映画は香川照之さんと共演した「トウキョウソナタ」だと話しています。

12歳で出演した1本の映画が人生を変えた。

 「小学6年でした。この現場で仕事の奥深さを知り、映画の魅力が理解できた。これから俳優として生きていきたい。そう決意しました」

 タイトルは、カンヌ国際映画祭など国内外で高く評価された黒沢清監督の傑作「トウキョウソナタ」(2008年)。香川照之演じるリストラされた会社員の息子役を演じた。

 「香川さんからアドバイスされた言葉も僕の人生を変えました」

引用元:iZa

井之脇さんは香川さんとの共演では、「大学は出ておいた方がいいぞ!」という言葉が人生を変えたと話していますが、泣くほど強く殴られたことに関してはコメントしていませんでした。

トラウマになっていたのでは可愛そうですが、案外気にしていないように感じます。

でも、面と向かっては言えないのかもしれませんね。

ツイッターでも挙げられていることから、やり過ぎではなかったかという疑念はありますね。

香川照之が子役の井之脇海まとめ

今回は、香川照之が子役時代の井之脇海さんを殴ったのは本当なのか、児童虐待の疑いについても調査しました。

香川照之が子役時代の井之脇海さんを殴ったのは本当だったようですが、演技上のことではありますが、当時子役だった井之脇さんにとっては衝撃的だったでしょうね。

泣いてかわいそうなほど「ぶん殴った」ということで、児童虐待ではないかのツイッターの声もあります。

しかし、当の井之脇さんは香川照之さんとの共演を「1本の映画が人生を変えた」と話していることから、トラウマにはなっていないようです。

目次
閉じる