雨宮正欣の年齢や髪型はかつら?経歴・学歴や家族構成を調査!

雨宮正欣さんは、法科学研究センター所長として活躍されていますが、プロフィールやプライベートが気になります。

そこで今回は、雨宮正欣さんの年齢や名前の読み方、髪型はかつらなのか、そして、経歴や学歴・家族構成も調査しました。

目次

雨宮正欣のプロフィール

  • 名前:雨宮正欣(あめみや まさよし)
  • 生年月日:1961年
  • 年齢:61歳
  • 出身地:東京都
  • 職業:法科研究センター所長、学術博士、薬剤師
  • 趣味:香港街めぐり

雨宮正欣さんは、東京都生まれの61歳です。

雨宮正欣の学歴(大学)や経歴

学歴

星薬科大学薬学部薬学部大学院博士前期課程終了

北里大学医療衛生学部法科学研究室で学術博士取得

主な経歴

雨宮正欣さんは、現在は法科研究センターの所長として勤務されていますが、以前は学術博士を取得し、北里大学の研究室で非常勤講師をされていました。

その後、埼玉県警察本部刑事部科学捜査研究所乱用薬物科(科捜研)で、21年間勤務していました。

科捜研では主に、覚せい剤や大麻、麻薬などの乱用薬物をはじめ、工業製品などの鑑定を担当していたという。

覚醒剤の鑑定法の確立により、警察庁長官賞詞を受賞しています。

また、法廷での証人尋問も多数経験しているという。

まさに薬物鑑定のスペシャリストですね。

雨宮正欣の髪型はかつら?

雨宮正欣さんの髪型はかつらなのでは、という疑惑があるようです。

結論は、「かつらではありません」

なぜかつらという言葉が出てきたのでしょうか。

やはり、見た目の毛量の多さと髪型から、かつらではないかと考えてしまいがちですね。

雨宮さんと懇意のある事件鑑定人の方のブログでは、雨宮さんは毛髪から薬物や付着物を検出する検証において、自分の頭髪を使用しているそうです。

仕事に関して自身の頭髪を利用していたわけですね。

雨宮正欣の嫁や子供の家族構成は

雨宮正欣さんのご家族は、奥さんと娘さんが2人います。

嫁は脚本家の天川彩

雨宮正欣さんの奥さんは、作家・脚本家・プロデューサーとして有名な、天川彩(てんかわあや)さんです。

天川さんは、1962年生まれの60歳です。

朝日放送ラジオ連続ドラマで脚本家デビューし、その後、作家や脚本家・プロデューサーとして活躍されています。

代表作は小説「タイヨウのうた」で、2006年に映画化されています。

その後、ドラマ化されるなどで話題になりました。

長女は元NHKアナの雨宮萌果

長女の雨宮萌果さんは、2019年3月に篠山輝信さんとご結婚されています。

雨宮萌果さんは、元NHKのアナウンサーで、現在はフリーとして活躍されています。

2人にお出会いは、NHKの情報番組「あさイチ」で共演したことがきっかけだったそうです。

ご結婚された旦那さんの父親は、あの有名写真家の篠山紀信さんです。

そして母親は元アイドルの南沙織さんという、芸能人一家です。

次女はお笑い芸人の雨宮あさひ

次女の雨宮あさひさんは、姉の萌果さんがダンスや落語好きだった影響からか、お笑い芸人の道に進んでいます。

所属は、「ワハハ本舗」で2011年の夏から新人劇団員となっています。

その後は、舞台などを中心に活動されています。

雨宮正欣の年齢まとめ

今回は、雨宮正欣さんの年齢や名前の読み方、髪型はかつらなのか、そして、経歴や学歴・家族構成も調査しました。

雨宮正欣(あめみや まさよし)さんは、東京都生まれの61歳。

学歴は、星薬科大学薬学部薬学部大学院博士前期課程終了と北里大学医療衛生学部法科学研究室で学術博士取得で、凄いという以外ありませんね。

現在は法科研究センターの所長として勤務されています。

かつら疑惑もありますが、実際はかつらではありません。

毛髪の検証において、自身の頭髪を使用しているそうです。

また、ご家族は奥さんと娘さんが2人で、長女の嫁ぎ先では義父が写真家の篠山紀信さん、そして義母が南沙織さんという芸能一家です。

目次
閉じる